初めてフリマアプリを利用した

以前から、フリマアプリのメルカリに興味があり、一度利用してみたいなと思っていました。色々と利用規約やシステムなどを調べてからアプリをインストールしてみました。

様々な品物が販売されていて、見ているだけで面白いなと感じました。ユーザー登録も済ませたので何かを購入してみようかなと思い、色々なジャンルの品物を見てからゲームソフトを購入してみました。

初めてで少しだけ緊張しましたが、やるべきことなどをリアルタイムでアプリが知らせてくれるシステムなので、初心者の自分でも安心して手続きなどを行うことが出来ました。

コンビニで支払いを済ませた翌日に品物が届いたので、あまりの早さに驚きました。商品もきれいに梱包されていて状態が良かったです。

とにかく色々な種類のものがたくさん出品されているので、今後も定期的に利用したいなと思いました。家にいながら好きな時に自由に品物を購入できるシステムは斬新で優れているなと思いました。

台湾における米中の思惑

先日、中国側がアメリカの航空会社等に対し、世界地図にある台湾、香港、マカオを中国の領土として表記してほしいとの要請に対し、トランプ大統領は不快を示し、これからも台湾に対して擁護する構えを示したというニュースがありました。

現在、アメリカと中国の間では、最先端技術を巡って情報の漏えいや技術の流出の恐れから、中国の大手企業が7年間の製造禁止等に追い込まれた事件は記憶に新しいですが、このところ、アメリカと中国の争いは、ついに台湾へも飛び火しています。

中国の習近平氏は、2020年までの間に台湾が強硬姿勢をとる場合には、武力をもって侵攻すると先の全人代でも宣言しています。

ここ数か月では、北朝鮮と韓国、アメリカと中国において、北朝鮮の非核化を巡って攻防が続いています。

もし、北朝鮮がアメリカの言い分を飲まない場合には、アメリカによる空爆が予想されていますが、もしこの場合には中国は好機とみて、台湾に対し攻撃するかもしれないということを覚悟しなければなりません。

奇しくも米朝首脳会談の行われる予定だった6月12日には、在台アメリカ準大使館の新館の落成式です。

どの程度の臭いか想像もできない

あるニュース記事で市営住宅を強制退去させられそうになっている人のことが報じられていました。

最初にふっと浮かんだのがゴミ屋敷と化した部屋などのイメージです。公共住宅を、何の理由であれゴミに埋もれさせたのだから仕方がないなと思ってい記事を読み進めていくと、そのイメージというか考えよりもさらに事実は奇なりであると悟りました。

その事実とは、強制退去の執行を受けようとしている人はその住んでいる部屋に猫を飼っていて、なんとその数が30匹以上ということなのです。それを知ってまず思ったのが糞尿やえさなどの臭いが凄いものであろうな、ということです。

といいますのも、ハムスターを飼っていたことがあって、その臭いに閉口してしまったことがあるからです。人によって臭いの感じ方は異なるとは思いますが、その後は臭いを理由にハムスターを飼っていません。

ですからそのハムスターを遥かにしのぐ数の猫ちゃん達がいることを考えると、その臭いの強さは凄いものだろうなと思うのです。近所の方も大変であることが想像にできて気の毒に感じたニュースでありました。 

過ぎて行く時間が惜しい。

私には心から楽しんでいる趣味があります。

まず動画鑑賞で、他には読書、音楽鑑賞、それから自らも書き物を行うこともあります。これら全ては楽しい趣味でありながら、それなりの集中力と時間を要します。予定にかなりにの余裕がないとできません。

一日はたったの24時間しかありません。もちろん24時間全てを趣味につぎ込むことは出来ません。日々の生活の中には趣味以外でも一生懸命しないといけないことがたくさんあります。

私にはとにかくやりたいことが多いのです。この10年、一日が長く感じたというような暇な日は一日たりともありませんでした。

この先100年生きたとしてもまだまだ人生の遣り残しが消えるとは思えません。見たい映画、読みたい本は十や百どころの数ではありません。

それらを全て楽しむには人間の寿命では限界があります。

不死の体は到底のぞめないでしょうが、せめて一生不眠で生きていける体がほしいと考えます。睡眠時間を趣味に丸ごと使えたらきっと楽しいだろうな。

いつだって「有限」という概念に苦しめられています。

散歩を習慣にしたのはいいのだけれど・・・・

私は室内で仕事をしているため、気を付けないと運動不足になりがちです。それで身近な運動としてはじめたのがウォーキングです。これはお金もかからなければ道具も要りませんから、私のようなしがない自営業者にはピッタリなエキササイズで気に入っていました。

それが続けていて困るまでは行かないのですが、ちょっとあれだなということが起きました。ただ、それ結構嫌なんです。

それというのも、散歩は毎日の習慣にするまでは大変ですが、新たな習慣にしてしまえばそれほど続けることがむつかしいエキササイズではありません。要諦は、何も考えないですることです。

何も考えないというのは、歩くコースを一度開拓したら、後は無意識にその道を歩くことにすれば、いちいち家を出るとき悩まなくて済むということでもあるわけです。事実そうしてました。すると、同じコースをだいたい同じ時間帯に歩いていると、同じような人と会うようになったりもするわけです。

問題はここですね。

会いたい人に会えればいいんですが、そうじゃない人に遭遇する場合、ちょっと気まずいんですね。悪いことにえてしてそういう人ほど遭いやすいので閉口してます^^