欲しいと思ったらその時に?

今、自分の部屋で金魚や熱帯魚を飼っています。金魚や熱帯魚を飼ってから約半年ぐらい経ちます。

金魚や熱帯魚を買うときに、悩んだことがあります。それは、錦鯉を買うか金魚を買うかです。

悩んだあげく、金魚を買いました。財布に余裕がなく、安い方の金魚を買いましたが久しぶりに錦鯉を買いにペットショップへ行きましたが、あのときにいいなあと思った色の錦鯉はもう、いませんでした。

黒色と赤色にラメが入ったようなめちゃめちゃ綺麗でかっこいい色をしていて一目惚れしていただけに、あのとき買うべきだったと後悔しました。

金魚はだいたい色や模様が同じなのに対し錦鯉は色や模様が個々によって違っています。

人間と同じで、それぞれ違う良さを持っています。多少高くても、そのときにこの色がかっこいい、この柄好きと一目惚れするようなら、そのときに買うの一番いいと感じました。

またあとで買うとなると、売り切れたりしたら同じような柄でも、前の方が良かったと後悔すると思うので、そのときはお金がかかりますが、その分愛着がわくと思います。

錦鯉は一品ものなので、欲しいと思ったら買うべきだとペットショップの人にアドバイスをいただきました。

いろいろなところを回って、素敵な錦鯉を買おうと必死に探しています。

ウェブ小説を読むのが楽しい

私は小説投稿サイトに投稿されている小説を読むのが好きです。ウェブ小説は星の数ほどあるといっても過言ではなく、大手サイトだと何十万何百万と小説が投稿されています。

これは大手サイト一つに絞った数字なので、すべての小説投稿サイトを合わせるともしかしたら億を超えるかもしれません。

ですのでウェブ小説の世界は玉石混合です。プロではなくほとんどがアマチュアですから、すべてが面白い小説とは言えません。

しかしだからこそ面白い小説を探すのが楽しいのです。読み応えのある小説を見つけたときは嬉しくなりますし、一種の宝探しのような気分を味わえます。

中には商業にも勝るとも劣らないレベルのものもありますし、実際ウェブ小説が書籍化されるのもいまや珍しい話ではありません。

出版業界もウェブ小説に注目し始めている時代ですから、自分が目をつけていた作品が書籍化されると、私の目に狂いはなかったと嬉しくなります。

なので私はウェブ小説を読むのが楽しくて仕方ありません。