ミステリー小説の面白さ

私の趣味はミステリー小説を読むことです。特に名探偵が登場する話が好きで、真相は一体どういうものなのかと考えながら読んでいます。

といっても真相にたどり着けないことのほうが多いです。

一部だけ推理が当たっていることはあっても完全に解き明かしたことはあまりありません。

大抵、思いもよらない真相であることが多く、そういうことだったのかと唸らされます。

言われてみればその答え以外ありえないのに、明かされるまではまったく分からず、これこそがミステリー小説を読む醍醐味だなと思います。

解けないからこそ面白いというか、予想外の答えだからこそ面白いのです。

とはいえアンフェアなものはあまり好みません。

謎解きに必要な証拠を提示したうえで、読者を翻弄する真相が明かされるもののほうが私は好きです。

証拠を提示しないなら何でもありなので、やはりそこはフェアにいってほしいものです。

読者が解けるけどそう簡単なものではないものが好みですね。